短期アルバイトも可能

アルバイトにもいろいろな種類があるのですが、基本的には3ヵ月以内という短い期間のみ仕事を行う場合、短期アルバイトとして採用してもらうこともできます。これは家庭教師のアルバイトであっても同様です。3ヵ月以内なので、1日のみという仕事も存在しています。では、どのような人が家庭教師の短期アルバイトに申し込むのでしょうか。それは大学生が多くなっています。

大学生にも当然夏休みや春休み、冬休みというのが存在しているのは知っているでしょう。このような長期連休を利用して、短期アルバイトで家庭教師をするという人もいるのです。近年はずっと不景気な時代が続いており、大学へ進学するお金がないという人も多いでしょう。このような人の場合、奨学金制度を利用するのが一般的なのですが、日本人の場合には、利息を付けて返済しなければいけません。

このような負担を少しでも軽くするために、大学生はアルバイトをする人が多いのです。中には多少裕福だけれども、わずかに学費が足りないという人もいます。教師として就職したいので、まずは家庭教師として少しでも経験を積んでおきたいという人もいるでしょう。このような人が短期アルバイトの求人に応募する傾向にあるのです。

アルバイトの給料

家庭教師をアルバイトで行う場合、通常時給で給料を支給してもらうことになるでしょう。では、時給どれぐらいの給料が相場になっているのでしょうか。給料の相場というのは、どれぐらい経験があるのかによっても変わってきます。全くの未経験で仕事を行う場合には、ある程度安い金額になってしまうので、1500円から1800円ぐらいの時給になることが多いでしょう。

それに対してある程度経験が豊富な人の場合には、2000円から3000円ぐらいの時給になることもあるのです。あくまで仕事の内容、年齢や経験、資格などによっても変わってくるのですが、教える年齢対象や授業の内容によっても変わってきます。例えば小学生を対象にしている場合と、高校生を対象にしている場合では、当然高校生の方が勉強が難しくなっています。

そのため、高校生に勉強を教えた方が、時給は高くなるのが一般的です。学生か社会人かによっても当然時給が変わってくるのですが、やはり教員免許を持っている人は、その分時給が高くなりますし、家庭教師として勤務した経験のある人も、時給は高くなる傾向にあるでしょう。都道府県や市区町村によっても、多少時給の相場は変わってきます。まずは自分の力量では、どれぐらいの時給になるのかを調べておいてから探してみるべきでしょう。

家庭教師の仕事

仕事を行う上では、やはり給料が最も重要視されると言っても過言ではありません。しかし、仕事内容もかなり重要だと言えるでしょう。では、アルバイトとして家庭教師を行う場合、どのような仕事をするのでしょうか。もちろんメインとなるのは、依頼者に対して勉強を教えることです。勉強を教えるのですから、自分も勉強がある程度できなければ話になりません。ここで重要なのは、自分は勉強ができても、相手に教えられるのかという点でしょう。

よく職人などは、自分で仕事ができるようになって半人前、未経験者に指導できるようになって一人前と言われています。勉強も自分ができても、相手に教えるというのはかなり難しいので、大学卒業が望ましいと言われているのです。しかし、家庭教師のアルバイトは大学生でも応募できることが多いでしょう。このような場合、大学でも教育学部に所属している人が多くなっています。教師を目指す人が多い教育学部では、家庭教師のアルバイトはかなりよい経験になるでしょう。

また、仕事内容はただ勉強を教えるのではなく、世間話などを行うこともありますし、両親からいろいろ相談されることもあります。家庭教師の仕事は勉強を教えるだけではないということを理解してから応募しないといけません。最近は個人として仕事をするよりも、派遣会社などに採用してもらうケースが多いでしょう。当サイトではアルバイトで家庭教師の仕事をしたいという人に、さまざまな情報を提供していきたいと思います。